残業時間や労働時間

残業時間を正確に管理する

不当残業や残業隠しで多くの企業が問題となっており、ブラック企業の汚名を着せられると企業の存族にも影響します。社員の自殺問題で大きく揺れ動いた企業もあれば、残業未払いで大幅に利益が減少したり、規模を縮小した企業もあります。残業時間や残業隠しについては労働基準監督署の監査も厳しくなってきています。そのため、経営者は従業員の残業時間は厳しくチェックする必要があります。残業時間の規制といえば36協定の順守が必要ですが、注意するのは一か月の残業時間だけでなく、一年間の残業時間や特別条項などにも注意が必要です。意外と複雑に取り交わされている場合があるので、勤怠管理のソフトなどを使って個人別に管理するべきでしょうし、管理者は36協定の知識を十分習得する必要があります。

労働時間を正確に管理する

注意しなければならないのは、残業時間の管理だけではありません。よくニュースで取り上げられているのは、一か月の残業時間が何時間だったなどの情報ですが、実はもっと細かく労働時間も規制されています。一週間で働ける時間も制限されていますし、連続して働くことのできる時間も法律で定められています。又、休憩についても定められており、何時間働いたら何分間以上の休憩時間を取らなければならないということが細かく決められています。残業をする場合には別途休憩時間も必要になるのです。実は会社の清掃時間や制服に着替える時間も労働時間に含まれます。又、賃金計算も休日出勤の賃金の上乗せだけでも、通常の休日と法定休日でも違います。ここまで細かいことをきっちりと管理する知識を身に付けなければなりません。

© Copyright Learning While Working. All Rights Reserved.