ハラスメントの防止

セクシャルハラスメント防止

毎日のようにテレビで取り上げられているのが、セクハラ問題です。ついつい異性の嫌がることを職場などで口にしたり、行動して訴えられたら自分の会社での地位や社会的地位も崩壊してしまいます。セクハラは日本でもアメリカでも世界中で問題になっています。昔は許された冗談も昨今は許されず訴えられたりします。ここで重要なのは、同じ言葉や行動をされても一人ひとり感じ方が異なるということです。ちょっとした冗談だと捉えてくれるひともいれば、自分が馬鹿にされたと感じる人もいるでしょう。このくらいなら許されると勝手に判断して行動しないことです。あなたの小さな一言で職場も家庭も崩壊してしまうことがあります。会社の研修でもこのことは全員に徹底したほうが良いでしょう。

職場でのハラスメントを防ぐ

会社で発生するハラスメントとして、パワハラやマタハラなどがあります。自分の会社上の立場を利用して行うパワハラは良くあることで、それによって会社を辞めたり、うつ病になるなどしてしまいます。マタハラなど女性差別の典型です。これは、会社にとっても大きな問題で、発覚すれば会社の信用が失墜してしまいます。特に、パワハラの場合上下関係が絡んでくるので人に相談しにくい場合があります。この場合、多くの企業で内部通報制度があるので利用するべきです。社員研修でもパワハラの防止や内部通報制度の利用の仕方などを全社員に行う必要があります。
最後に、役職者や上司は、今の会社の地位はあくまでも与えられた役割であって、決して自分が偉くなったわけではないことを理解しておくべきです。

© Copyright Learning While Working. All Rights Reserved.